分類

Canon(キヤノン) RF85mm F2 MACRO IS STM
FUJIFILM(富士フイルム) X-S10 実写レビュー
Voigtlander(フォクトレンダー) SUPER NOKTON 29mm F0.8 Aspherical 実写レビュー

分類

2021.02.05
本日のフジヤ【スタッフ レビュー&ハウツー】,

一眼レフとミラーレスの違いと特徴、おすすめ機種

これからカメラを本格的に始める方に「一眼レフとミラーレス、どちらがいいですか?」という質問をするとキョトンとした顔をされる事があります。

レンズ交換出来るカメラ=一眼レフと思っていて、ミラーレスと一眼レフが違う構造のカメラである事を知らない方が、意外と多いようなのです。

今回は、そんな一眼レフとミラーレスカメラの違いや、長所短所、主流となりつつあるミラーレスカメラのメリットについて紹介したいと思います。
■この記事の監修

フジヤカメラ店

東京都 中野区のカメラ専門店 フジヤカメラ店です。カメラ、レンズ、三脚、動画機材まで、新品、中古機材を多数取り扱っております。中古在庫は常時3,000点以上!これからカメラを始める方も、ベテラン、プロカメラマンも、機材の事ならフジヤカメラ店にお任せ下さい。

WEBサイトは こちら

一眼レフとミラーレスの違いと特徴、おすすめ機種

レンズ交換出来るカメラ


カメラを大雑把に2つに分ける方法として、レンズ交換出来るカメラと出来ないカメラがあります。例えばスマホはレンズ交換出来ないカメラ(最近は複数のレンズが付いたスマホもありますが)の代表です。

対して、レンズ交換出来るカメラの代表は?と質問したら「一眼レフ」と答える方が多いんではないでしょうか。しかし、一眼レフはレンズ交換出来るカメラの一形式で、レンズ交換出来るカメラは一眼レフ以外にも、今回紹介するミラーレスなどいくつかの形式があります。1眼レフ=レンズ交換出来るカメラでは無いのです。
一眼レフの構造
一眼レフはシャッターが切れる直前、ミラーが上がってセンサー(又はフィルム)に光が当たる構造
何故、一眼レフ=レンズ交換出来るカメラと思われるようになったのでしょう?それは、一眼レフがレンズ交換式カメラとして、理想的な構造を持っていたからだと思います。

一眼レフの機構上の大きな特徴に、レンズを通って来た光をファインダーで直接確認出来るという事があります。撮影レンズを通った光をフレーミング時にはミラーを使ってファインダーに送り、シャッターが下りる瞬間だけミラーが上がってセンサー(又はフィルム)に光を当てる一眼レフは、レンズ交換式カメラにうってつけの構造と言えるでしょう。

例えば有名なLeica M3などのレンジファインダーカメラは、レンズ交換は出来ますが、画角やピントを確認するファインダーが撮影用レンズとは別になっている為、ファインダーで見た像=実際に撮れる像とはならず、近接撮影ではフレーミングしずらい、望遠レンズのピント精度に難があるなど、撮影方法や使えるレンズに制約を受ける事になります。
Nikon F
Nikon F
ファインダーで見た像=撮影する像となる一眼レフは、超広角や超望遠、フィルターの効果などを直接確認する事が出来て制約も少ない為、多くの交換レンズが用意される事になりました。

このような背景から、レンズ交換式カメラと言えば一眼レフと言える程人気が高く、又、そういった時代が長く続いた事から、レンズ交換出来るカメラ=一眼レフとなったんだと思います。カメラの一形式が市民権を得て一般的に使われているのは、なかなか凄い事だと思います。

(写真は、1959年に発売された、当時の一眼レフカメラを代表する機種Nikon F)

一眼レフとミラーレスの違い


一眼レフのミラーボックス
一眼レフカメラのミラーボックスを覗くとミラーとスクリーンが見える
長らくレンズ交換式カメラと言えば一眼レフカメラだったわけですが、ここ数年でその実情が大きく様変わりし始めました。ミラーレス一眼カメラの登場です。

レンズが通った光を、ファインダーに導くためのミラーと、シャッターを切った際、ミラーが逃げるスペースが必要な一眼レフカメラは、構造的にやや複雑で大きくなる傾向がありました。

対するミラーレス一眼カメラは、センサーが受けた光をモニターやEVF(電子ビューファインダー)に映像として写すという、デジタルならではのシンプルな構造で、コンパクトに設計しやすい事から、あっという間にレンズ交換式カメラの代表的な構造となりました。
シンプルなミラーレス
レンズを通った光が直接センサーに当たるミラーレスの構造はシンプル
一眼レフでは必要だった、光をファインダーへ導く為のミラーが必要無く(だから名前がミラーレスといいます)レンズを通った光を直接センサーに導くというシンプルな構造は、カメラが小さくなる、レンズからセンサーまでの距離が短くて済む(ショートフランジバック)と言った、多くのメリットがあります。

特にレンズまで含めたカメラシステムの小型化は、35mm判フルサイズの高性能カメラでも比較的気軽に持ち出せる大きさとなり、多くの写真好きに支持される結果となりました。
Canon EOS5DMarkIVとEOS R
一眼レフのCanon EOS5DMarkIV(右)とミラーレスのEOS R(左)

一眼レフは時代遅れ?


さて、それでは一眼レフは時代遅れとなってしまったのでしょうか?残念ながら、そう言わざるおえない状況になりつつある一眼レフですが、ミラーレスには無い長所も幾つかあります。
光学ファインダー接眼レンズ
今でも光学式のファインダーを愛用するプロカメラマンは多い
その一つが、光学式ファインダーを採用している事です。

光を直接見る光学ファインダーは、被写体の動きとファインダーで見ている画像にタイムラグが発生しません。よって激しい動きの被写体などでもリアルタイムに被写体を確認する事が出来ます。対するEVFは、電子化された映像を見ているので、ほんの少しですがタイムラグが発生してしまいます。このほんのわずかのタイムラグが、シビアな撮影を求められるプロカメラマンから敬遠される事もあるようです。

又、ファインダーとセンサーに常に電気を供給しておく必要のあるミラーレス一眼カメラと違い、シャッターを切った瞬間だけセンサーに電気を流せばいい一眼レフは、電池の持ちがいいという長所もあります。
Nikon F3
フィルム時代の一眼レフの名機 Nikon F3
敢えて古い形式のカメラを使ってみるというのも、趣味としては面白いと思います。その最たるものがフィルムカメラです。

フィルムカメラには勿論ミラーレスは無いので、レンズ交換式のフィルムカメラの多くは一眼レフという事になります。構造や機構がシンプルなマニュアルフォーカスのフィルム一眼レフカメラは、大きさも比較的小さく、デザインもクラシックでカッコいいので、現像やプリントなど手間のかかる部分も多いですが、楽しい世界でもあります。

コンパクトなミラーレス


SIGMA fp
フルサイズミラーレスの中でもトップクラスにコンパクトなSIGMA fp
多くの長所を持つミラーレス一眼カメラですが、大きなポイントを2つ挙げるとしたら、コンパクトさとレンズ性能の高さが挙げられます。

先に書いたとおりミラーが必要ないミラーレス一眼カメラは、カメラの厚みを薄くする事が出来る為、コンパクトに設計する事が出来ます。

又、最近になって新たにシステムが構築された機種がほとんどである事から、昔のレンズやマウントの形状に左右される事無く、最新の技術を前提に設計出来るのもコンパクトさの一因となっているようです。
ミラーレスバックフランジ
ミラーレスカメラはマウントとセンサーまでが短く、レンズ設計の自由度が上がる
例えば、レンズの後端からセンサーまでの距離を短く設計出来るので、レンズ設計の自由度が増し、結果としてレンズの高性能、コンパクト化が可能となっています。

ある程度写真が好きな方だと、レンズを数本持ち歩くのが普通だと思いますので、レンズの大きさは撮影のストレスに大きく影響します。

メーカーにもよりますが、例えばミラーレス一眼カメラを早くから主力製品としているSONY(ソニー)のレンズは、一眼レフ用の同スペックのものと比べて1/1.5程度になっているものが多いようなので、レンズを3本持てばその差は大きな違いとなるでしょう。

高いレンズ性能


ミラーレス用高性能レンズ
ミラーレス一眼用レンズの中には、信じられないレベルの高性能レンズが存在する
先に書いたとおり、ミラーが必要無い分、レンズ後端からセンサーまでの距離を短くとれるミラーレス一眼カメラは、レンズ設計の自由度が大きくなります。

これにより、レンズ性能を大幅に向上させる事が出来るようになりました。Canon(キヤノン)、Nikon(ニコン)の2社がフルサイズミラーレスに本格的に参入した理由の一つが、レンズ性能の向上にあったように、ミラーレス一眼用のレンズは、一眼レフ時代には考えられなかったような、驚くべき性能の物が多く開発されているのです。5000万画素を超えるような超高画素を活かし切る事が出来る、超高性能なレンズの多くはミラーレスカメラ用だから出来たと言えるかもしれません。
ミラーボックスケラレの例
画面周辺部で天光源の一部が切れてしまうミラーボックスケラレ(右)
又、レンズからセンサーまでの距離が近いだけでなく、途中に遮るものがない事もメリットの一つで、一眼レフカメラでは頻繁に起こったミラーボックスケラレといった現象も、ミラーレス一眼カメラでは殆ど起こる事がありません。

余談ですが、ミラーボックスケラレについては、一眼レフ用のレンズをマウントアダプターを介してミラーレス一眼に装着しても起きないので、夜間のイルミネーションの撮影など、点光源が入るシチュエーションでは試してみる価値があると思います。
ミラーボックスケラレの関連記事「Canon (キヤノン) EOS R で EFレンズ(一眼レフ用)を使うと画質がUPする!?」

代表的な一眼レフカメラ&ミラーレス一眼カメラ


先に書いた特性を象徴するような一眼レフカメラ2機種とミラーレスカメラ3機種を選んでみました。

中でもSONY(ソニー) α1は、プロの使う機材としてのミラーレス一眼カメラの現時点での到達点なるような、ハイスペックなカメラとなっており、ミラーレス一眼カメラの短所の多くを克服した性能を持っています。

Canon(キヤノン) EOS-1D X Mark III

Canon(キヤノン) EOS-1D X Mark III
Canon(キヤノン) EOS-1D X Mark III
Canon(キヤノン)のプロカメラマン向けフルサイズデジタル一眼レフカメラEOS-1D X Mark IIIは、ある意味、デジタル一眼レフカメラの到達点と言っても過言では無いプロスペックな機種です。

先に書いた通り、光学ファインダーを好むプロカメラマンを念頭に置いた一眼レフカメラは、高速、高精度なオートフォーカス、高い耐久性、プロの求める汎用性、通信性を備えた強力なカメラです。一流の動画性能を備えているのも、プロのニーズに応えたものです。

プロ機を何世代にもわたり作って来たCanonの集大成とも言え、到達点に達したカメラだと思います。
Canon(キヤノン) EOS-1D X Mark III

Nikon(ニコン)F6

Nikon(ニコン)F6
Nikon(ニコン)F6
Canon(キヤノン)を出したら共に一眼レフ時代をけん引したNikon(ニコン)を出さないわけにはいかないでしょう。

本来は現行機種のデジタル一眼レフカメラを選ぶべきでしょうが、この記事を書く少し前に製造中止となってしまった、フィルム一眼レフカメラF6を挙げてみました。

明らかにデジタルカメラの時代到来が感じられた頃に発売されたNikon F6は、これまでのNikonのフラッグシップ機種とは少し趣の異なる、アマチュアをターゲットにしたカメラでした。バッテリーグリップが取り外し式となったり、巻き上げやシャッターの音にこだわりがあったりと、質実剛健で多くの伝説を作り出してきたNikonのそれまでのフラッグシップカメラとは少し旗色の違う機種でした。

それでいて、光学ファインダーの見え味などは最高レベルに到達しており、現在でも評価の高い機種です。
Nikon(ニコン) F6【中古】

SIGMA(シグマ)fp

SIGMA(シグマ)fp
SIGMA(シグマ)fp
Canon(キヤノン)やNikon(ニコン)と比べればSIGMA(シグマ)は小さなレンズメーカーですが、質の高いレンズと個性的で高性能なカメラを作る、高い支持を得るメーカーです。

そのSIGMA(シグマ)から満を持して登場したフルサイズミラーレス一眼カメラは、まさに表現する為のカメラで、多くのカメラマンから絶大な評価を受け愛用されているカメラです。

動画も含めた映像表現の為に開発されたfpは、写真と動画のオペレーションの切り替えや、シネマDNG RAW記録の採用、個性的で優れたカラーモードなど、写真、動画分け隔てなく創作意欲を掻き立てるカメラとなっています。

シンプルで美しいデザインは、動画撮影時の廃熱を考えたヒートシンクなど、機能美の賜物と言っていいでしょう。
SIGMA(シグマ) fp

SONY(ソニー)α1

SONY(ソニー)α1
SONY(ソニー)α1
プロ用の一眼レフカメラCanon(キヤノン) EOS-1D X Mark IIIと対極をなすカメラで、ミラーレスで作られた最初のプロ機と言っていい時代を象徴する機種です。

ミラーレスの長所を極限まで磨き、欠点は技術的に乗り越えようとした野心的な機種とも言えるでしょう。30コマ/秒、ブラックアウトフリーの超高速連写は、一眼レフでは恐らく機構的に達成不可能で、ミラーレスならではの機能となっています。

電子シャッターの短所を克服したアンチディストーションシャッターの採用や、最高240fpsのリフレッシュレートを実現したEVFなど、一眼レフと真っ向勝負するカメラでもあります。
SONY(ソニー)α1

Canon(キヤノン)EOS R5

Canon(キヤノン)EOS R5
Canon(キヤノン)EOS R5
満を持してフルサイズミラーレス一眼カメラ市場に参入したCanon(キャノン)の高画素機は、人気の高性能デジタル一眼レフカメラEOS 5Dの流れをくむ、プロからアマチュアまで使い易い機種です。

新開発4500万画素のセンサーは、高感度でもノイズが少なく、高性能なRFレンズと組み合わせて今まで以上の高精細でシャープな画を作り出してくれます。映像エンジンDIGIC Xが作り出す美しいカラーバランスも見逃せません。
Canon(キヤノン)EOS R5

まとめ


一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違いと、特徴、メリットなどをまとめてみました。

コンパクトで高性能なミラーレス一眼カメラを使うと、一眼レフには戻れないと個人的には思いますが、一眼レフにも良さがあって、特にプロカメラマンは今でも一眼レフという方が多いと感じます。

性能だけでなく、撮影者の写真に対する考え方も、選択の要因となっているのかもしません。
Photo & Text by フジヤカメラ 北原
Page Top
Page Top