分類

Canon(キヤノン) RF85mm F2 MACRO IS STM
FUJIFILM(富士フイルム) X-S10 実写レビュー
Voigtlander(フォクトレンダー) SUPER NOKTON 29mm F0.8 Aspherical 実写レビュー

分類

2021.03.19
本日のフジヤ【スタッフ レビュー&ハウツー】,

Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 実写レビュー

Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM の実写レビューです。

オールドレンズのようなクラシックなデザインが特徴のVintage Lineの広角レンズは、写りもクラシックなイメージで、レンズの個性を活かして使う撮っていて楽しいレンズです。同社の、高性能なシリーズであるAPO-LANTHARとは対をなすレンズと言えるでしょう。

今回はそんな個性が魅力的なVoigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VMを紹介したいと思います。
■この記事の監修

フジヤカメラ店

東京都 中野区のカメラ専門店 フジヤカメラ店です。カメラ、レンズ、三脚、動画機材まで、新品、中古機材を多数取り扱っております。中古在庫は常時3,000点以上!これからカメラを始める方も、ベテラン、プロカメラマンも、機材の事ならフジヤカメラ店にお任せ下さい。

WEBサイトは こちら

フォクトレンダー ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 特集

特徴/操作性


Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 本体1
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM の特徴は、クラシックレンズのような凝ったデザインと、デザインと同じように少しオールドなイメージの写りにあります。

今回のテストボディは、そんな遊び心に合わせてSIGMA(シグマ)fpを選びました。fpは現代アートの様なシンプルなデザインが特徴ですが、これが不思議とオールドレンズにマッチするのです。

マウントアダプターにもデザイン性を重視して銘匠光学の製品をセレクトしました。ゴールドのロックボタンがいいアクセントになっています。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 本体2
Mマウントを採用しているおかげで、マウントアダプターを使って多くのミラーレス一眼カメラに取り付けられるのも、ポイントの一つです。

今回はfpでテスト撮影を行いましたが、Mマウントはミラーレス一眼カメラならたいていサードパーティー製のアダプターが製品化されているので、汎用性の高いマウント形式です。

勿論、デザイン性にも優れているので、Leica(ライカ)のカメラに取り付けるのもいいと思います。特にシルバーは、メッキの感じが本家の質感に似ているので、違和感なく装着出来ると思います。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 本体3
操作も各部スムースで、上質なものです。各部の作りも金属パーツを多用して高級感があり、これは他のVoigtlander(フォクトレンダー)VMマウントのレンズと共通なものです。

撮影時に少し気になったのは、デザイン上のポイントの一つであるフォーカシングレバーで、フォーカスリングを回す際フォーカシングレバー以外に指がかかる場所がないので、見失うと少し戸惑う事がありました。

とは言えデザイン上重要なパーツですし、しばらく使うと慣れて来たので、大きな問題ではありません。
フィルター径 39mm
最短撮影距離 0.58m
最小絞り F16
絞り羽根 10枚
マウント Mマウント
長さ 28.1mm
重量 210g

実写レビュー


Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例1
作例1:1/50 f2 ISO125 露出補正±0 color STD
開放F値はスタンダードなF2ですが、ボケの美しさの伝わる写真が撮りたくて夜間のスナップを撮る事にしました。

結果は思った以上に満足のいくもので、背景の光の柔らかいボケの広がりや、周辺光量が自然に落ちるクラシックな写りは、少し時代を遡ったような写真になったと思います。

最初の1枚を切った瞬間からレンズの個性を撮影に活かせそうな予感がして、撮影が楽しくなりました。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例2
作例2:1/50 f2 ISO125 露出補正±0 color T&O
映画のワンシーンにでも出て来そうな店のウインドウに、ネオンが反射して雰囲気のある風景を作り出していました。トレンチコートの俳優でもいれば最高でしたが、そこまでうまくはいきません。

Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM のクラシックな写りは、どこかフィルム映画のような雰囲気だと感じてカラーモードにはT&Oを設定しました。

フルサイズとしては最小クラスのカメラ、レンズの組み合わせは、夜間のスナップのように、目立たず速やかに撮影したい場合にも便利です。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例3
作例3:1/30 f2 ISO320 露出補正±0 color BW
クラシックな写りがモノクロに合うような気がして、普段は滅多に撮らない白黒写真を撮ってみました。

少し固目に感じるのはfpのチューニングによるものでしょうか?それでも、手前の木のボケ感などは古い新聞記事の写真のようで、クラシックなイメージです。

モノクロではあまり多くのカットを取らなかったのですが、もっとボケを大きく取り入れたカットを撮っておけば良かったと少し後悔しました。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例4
作例4:1/30 f2 ISO800 露出補-1.0 color T&O
夜のショーウインドウは魅力的な被写体です。画面左に壁を入れて物陰から覗くような構図にしてみました。

明るく照らされたマネキンの襟に美しいハレーションが出ているあたりは、まるでオールドレンズで撮影したようで、レンズの個性を活かせた感じがします。

人気のカラーモードT&Oも雰囲気にぴったりはまりました。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例5
作例5:1/30 f2 ISO800 露出補正±0 color VIVID
夜間のテスト撮影というと、明るいレンズの優位性を確認する為に行う事が殆どでした。しかし、今回の Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM のテスト撮影で、夜はレンズの個性が誇張される事に気付けたような気がします。

このカットでも周辺光量落ちや、点光源のボケ方など、レンズの個性が写真に力を与えてくれたような気がして、高性能なレンズだけがいいレンズではないな、と改めて思いました。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例6
作例6:1/2500 f2 ISO100 露出補正+1.3 color NTR
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM のような周辺光量が落ちるレンズは、一般的にはつまらないとされる、被写体を真ん中に持ってくる、いわゆる日の丸構図が思いのほか良かったりします。

天をつくような枝に、たわわに花を咲かせた梅の木を日の丸構図で撮影してみました。

ティルト出来ないモニターで上を見ながら撮影するのは、首が痛くなって少し辛かったですが、カメラの形がカッコいいのでだいたい許せました。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例7
作例7:1/125 f2 ISO100 露出補正-1.3 color LAND
椿は葉の黒さとは対照的な、大きく派手な花がとてもフォトジェニックに感じます。比較的長い期間楽しめるのも、写真を撮る身としては助かるところです。

この写真では、黒い葉が密集した部分の諧調が微妙に残り、まるで動画で使うlogで撮影したような雰囲気になりました。

これが、カメラのせいなのか、レンズ由来なのかはっきりとは分かりませんが、今回使ったSIGMA(シグマ)fpとULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM の組み合わせは、独特な雰囲気があって個人的にかなり好きになりました。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例8
作例8:1/5000 f2 ISO100 露出補正-0.3 color T&O
これは完全に好みの問題ですが、今回のテスト撮影で撮った写真の中でも、かなり好きなイメージのカットです。学生時代、旅行に行ってどうしても写真が撮りたくなった時、当時は写ルンですというレンズ付きフィルムを使うのが普通でした。

少し失礼な言い方かもしれませんが、このカットは、レンズ付きフィルムで撮ったような味が出たと感じたのです。

勿論解像感などは雲泥の差ですが、雰囲気としてそんな懐かしいイメージの写真になりました。Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM は見た目だけでなく写りも古い、ノスタルジックなものだと感じます。

画質


実写レビュー内で、写りがクラシックと度々書いてしまいましたが、あくまで周辺光量やボケ味についての事で、解像感やシャープネスは現代レンズのそれで非常に優秀です。

拡大して解像感を見てみます。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例6拡大枠
枠内を拡大
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 作例6拡大
少なくとも2400万画素は完全に活かし切る解像力を持っておりシャープです。

特筆すべきは、Voigtlander(フォクトレンダー)のレンズにありがちな、フリンジの発生が殆ど全くと言っていいほどなかった事です。白い花と空といったシチュエーションでは、明暗差の境界にフリンジの出るレンズが多いのですが、ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VMではほぼ発生しませんでした。正直に言ってこれはかなり嬉しい誤算です。

まとめ


コンパクトでヴィンテージ感のあるデザインは、持つ楽しさを十分満足させてくれます。

驚きなのはその写りで、個性と高い性能をバランスよく持っている、かなり欲張りなレンズだと思います。

今回テストボディに選んだfpはデザインやコンパクトさだけでなく、カラーモードを使った撮影の楽しさもベストマッチと言えるほど相性が良く、使っていて両方欲しいと思える程しっくりと来ました。

これ以上相性のいいカメラとして真っ先に思い浮かぶのは、やはりLeica(ライカ)ですが、今回はボディが用意できず試せませんでした。いつか機会があれば使ってみたいと思います。

Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM は、レンズの個性を楽しむ事を今一度教えてくれる、使っていて本当に楽しいレンズでした。
Voigtlander(フォクトレンダー) ULTRON Vintage Line 35mm F2 Aspherical TypeII VM 特集
Photo & Text by フジヤカメラ 北原

おすすめ

Page Top
Page Top