分類

分類

2024.01.31
専門店・プロレビュー,

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4 R 実写レビュー

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4 R 実写レビューキービジュアル

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4 R 実写レビューです。
2012年2月18日に発売したこちらのレンズですが、オールドレンズを想起させるような柔らかく味のあるボケ感と描写力に定評があり、現在も「神レンズ」と称されるほどFUJIFILMファンの間で根強い人気を誇っています。

今回は「X-T5」に合わせ、渋谷でスナップ撮影をしました。
作例とともにボケ感や描写力について紹介していきます。


■この記事の監修

フジヤカメラ店

東京都 中野区のカメラ専門店 フジヤカメラ店です。カメラ、レンズ、三脚、動画機材まで、新品、中古機材を多数取り扱っております。中古在庫は常時3,000点以上!これからカメラを始める方も、ベテラン、プロカメラマンも、機材の事ならフジヤカメラ店にお任せ下さい。

WEBサイトはこちら

特徴/操作性

レンズ質量187gと軽量コンパクト

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R本体1

X-T5と合わせても総質量約740gと一日持ち歩いても苦にならないほど軽量です。

カメラを始めてから休日出掛けるときに、カメラを持って行くか、置いていくか…と悩む場面が多々ありますが、こちらのレンズはとてもコンパクトで気軽に持ち出すことができるため、そういった悩みを解消してくれます。

フルサイズ換算53mmと使い勝手の良い焦点距離

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R本体2

人の視野角に近いと言われている標準域で、直感的に撮影しやすい焦点距離です。
スナップ撮影だけでなく、旅行写真など日常的に使うことができるレンズです。

アルミ削り出しの角型レンズフードがクラシカルで可愛い

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R本体3

プラスチックのレンズフードにはない重厚感がクラシカルで魅力的ですね。

本来は光の影響をカットしたりレンズの保護の役割を担うレンズフードですが、こういったビジュアルの良さはカメラを持ち出す際のモチベーションにもなります。

ただレンズキャップの取り付けの際に少し引っかかるのが難点です。

実写レビュー

フットワーク軽めにカメラを構えることができる

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 作例1
F1.4 1/3200秒 ISO80

建物にかかった柱の影と、その先にある赤い自転車が印象的でシャッターをきりました。
こういった、ふとした瞬間に気負いすることなくカメラを向けることができるのは、軽量レンズのメリットですね。

光や空気を捉えるレンズ

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 作例2
F1.4 1/1250秒 ISO60
FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 作例3
F1.4 1/250秒 ISO500
FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 作例4
F1.8 1/400秒 ISO64

葉っぱや地面の光の反射をやさしく捉えてくれる印象です。

建物の冷たさや電球のあたたかさなどその場の空気、温度感をそのまま切り取ってくれるような気がします。

フィルムシミュレーションとの相性

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R フィルムシムレーション作例1
F1.6 1/4000秒 ISO160
フィルムシミュレーション:クラシッククローム
FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R フィルムシムレーション作例2
F1.6 1/4000秒 ISO160
フィルムシミュレーション:クラシックネガ
FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R フィルムシムレーション作例3
F1.4 1/480秒 ISO160
フィルムシミュレーション:ノスタルジックネガ
FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R フィルムシムレーション作例4
F1.4 1/3200秒 ISO64
フィルムシミュレーション:モノクロ

FUJI機といったら「フィルムシミュレーション」が醍醐味ではないでしょうか。

周辺の二線ボケや口径食と相まって、とてもノスタルジックな雰囲気になります。
撮って出しでこの色味と質感を出せるのは嬉しいですね。

画質

解像感

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 解像感作例1

F1.4 1/640秒 ISO100

画像にマウスを合わせると拡大表示します

画像をスワイプすると拡大表示します

開放F1.4で撮影をしました。

開放で撮影をしても全体的に眠たい印象にはならず、ピント部分はシャープに解像するためメリハリのある写真になります。

切り株に張り付いたツタの葉脈がしっかりと確認できます。

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 解像感作例2

F7.1 1/250秒 ISO64

画像にマウスを合わせると拡大表示します

画像をスワイプすると拡大表示します

F7.1まで絞って撮影をしました。
堅くなりすぎず周辺部までナチュラルに解像してくれます。

収差

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 収差作例

F1.4 1/1250秒 ISO64

画像にマウスを合わせると拡大表示します

画像をスワイプすると拡大表示します

開放で撮影すると、収差が目立ちます。

中央部分にある葉っぱの反射を拡大すると輪郭のある玉ボケになっています。すこしパープルフリンジがついていますが、これはこれで宝石のような煌めきで可愛いです。

フレア/ゴースト

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R フレア/ゴースト作例

F1.6 1/800秒 ISO64

画像にマウスを合わせると拡大表示します

画像をスワイプすると拡大表示します

逆光で撮影をしました。
フレア、ゴーストが若干発生しましたが、嫌な写りではなく全体的に柔らかい印象になりました。

メリット・デメリットとおすすめユーザー

気軽持ち運べるサイズ感

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R本体4

ショルダーバッグにすっぽり収まるサイズ感で気軽に持ち出すことができます。
一日首から下げていても疲れない質量なので、カメラを持ち出す機会が増えそうです。

オールドレンズのような味のある描写を楽しめる

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R 作例5

「オールドレンズに挑戦してみたいけど、マニュアルフォーカスはハードルが高い」という方におすすめです。

AF搭載のレンズで最新のレンズにはない味わいのある描写を楽しめるのは嬉しいですね。

オートフォーカスの駆動音が少しうるさく、速度も遅め

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4R本体5

発売からまもなく12年と古いレンズということもあり、オートフォーカスの機能が見劣りします。

スチール撮影なら問題ありませんが、ピントを合わせる際に「ジージー」と音が出るため、動画撮影には不向きかもしれません。オートフォーカスの速度については、室内などの暗い環境ではピントが迷うことがあり、歯がゆい場面が多々ありました。

作例に使用したカメラ

【商品情報】富士フイルム FUJIFILM X-T5 ボディ ブラック

» 詳細を見る

富士フイルム FUJIFILM X-T5 ボディ ブラックバナー画像

作例に使用したレンズ

【商品情報】富士フイルム フジノンレンズ XF35mmF1.4 R

» 詳細を見る

富士フイルム フジノンレンズ XF35mmF1.4 Rバナー画像

まとめ

・発売から12年たった今も人気を誇るレンズです。
・持ち運びやすい軽量コンパクトなレンズ。
・オールドレンズのような収差の残った味のある描写が楽しめる。

Photo & Text by フジヤカメラ 鈴木

Page Top
Page Top