分類

分類

2021.07.09
本日のフジヤ【スタッフ レビュー&ハウツー】,

FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 実写レビュー

FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WRは2019年3月に発売された、35mm判換算で24mm相当の広角レンズです。

非球面レンズ2枚を含むレンズ構成で、高い解像性能を実現するとともに、コンパクトでスタイリッシュなデザインは、カメラとの統一感もありFUJIFILM(フジフイルム)らしさにあふれています。

ステッピングモーターの採用で高速且つ静粛性の高いオートフォーカス、防塵・防滴機構、対低温構造を持ち、スタイリッシュなだけでなくハイアマチュアやプロも納得させる高速さとタフネスを併せ持っているところもポイントです。
■この記事の監修

フジヤカメラ店

東京都 中野区のカメラ専門店 フジヤカメラ店です。カメラ、レンズ、三脚、動画機材まで、新品、中古機材を多数取り扱っております。中古在庫は常時3,000点以上!これからカメラを始める方も、ベテラン、プロカメラマンも、機材の事ならフジヤカメラ店にお任せ下さい。

WEBサイトは こちら

FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 特集

特徴/操作性


FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 本体1
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR は155gという軽さ、全長5cmにも満たないコンパクトさでありながら、非球面レンズ2枚を使用した高い光学性能を持ったレンズです。

小型のカメラにも良く似合うスタイリッシュなデザインは、お散歩カメラに装着してスナップなどに最適です。

高いデザイン性と併せて、防塵防滴・耐低温機構を備えたタフなレンズでもあり、X-T4などの防塵防滴機能を持ったカメラに装着して、小型、軽量さとワイドな画角を活かした山岳写真などにも活躍しそうです。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 本体2
操作部は絞りリング、バイワイヤ式のMFリングの2つで、他のXFレンズと共通な使い易いものです。

フォーカスリングには滑らかなトルクが、絞りリングには適度なクリック感があり、マニュアルフォーカスで使用しても操作感は良好です。

これも他のXFレンズと共通な事ですが、金属製の外装は、滑らかで良好な使用感と併せて高級感が有ります。比較的リーズナブルな価格のこういったレンズでも手を抜かず、ブランドイメージに合ったクォリティを貫くFUJIFILMのスタンスには好感が持てます。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 本体3
オートフォーカスは新しいレンズらしく高速で高精度です。

駆動音も、写真で使うには十分に静かですが、微かにノイズ音がするので、動画撮影時にはAF駆動音を避ける為に外付けのガンマイクなどを使用した方がいいかもしれません。

インナーフォーカス方式の為鏡筒の伸縮はなく、使用時も携帯時と同じコンパクトなまま使う事が出来ます。
フィルター径 49mm
最短撮影距離/最大撮影倍率 17cm/0.13倍
最小絞り F22
絞り羽根 9枚(円形絞り)
長さ 45.4mm
重量 155g

【中古】FUJIFILM(フジフイルム)Xマウントミラーレス用レンズを探す

フジヤカメラでは、FUJIFILM(フジフイルム)Xマウントミラーレス用レンズの中古商品を多数取り揃えております。在庫は日々更新されますのでどうぞこちらからご確認下さい。

» 【中古】FUJIFILM(フジフイルム)Xマウントミラーレス用レンズを探す

イメージ

実写レビュー


FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例1
作例1:f8 1/210 ISO160
中野の飲食店がひしめく狭い路地に、16mmの画角がうまくマッチしました。少し後ろに下がるだけで建物全体を画角に納める事ができ、24mm(35mm判換算)という画角が昔は超広角に分類されていたのも納得です。

24mmという焦点距離は自然なワイド感でありながら、感覚以上の広さを感じる事もあり、撮り方によって印象が大きく変わる面白い焦点距離だと思います。

今回のレビューではレンズに合わせてカメラボディはコンパクトなX-S10を使用、記録方式はJPEG、フィルムシミュレーションはPROVIA/スタンダード、オートホワイトバランス、各種エフェクトはOFF、ダイナミックレンジ100、その他の画質設定はデフォルトの状態で撮影しました。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例2
作例2:f8 1/210 ISO160
画面内に太陽が入っているため、外面の下部に少しゴーストが出ています。それでも広角レンズとしては良好な部類で、XF16mm/F2.8 R WRの逆光耐性は高い部類に入ると言えそうです。

梅雨空の中、雲の切れ間から太陽が一瞬顔を出したタイミングでシャッターを切りました。

空の諧調をもう少し残したかったので、ダイナミックレンジをもう少し広く設定して撮影すれば良かったと思います。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例3
作例3:f2.8 1/950 ISO160
大久保駅ホームの建物に張られた謎のキャラクター(鉄道好きスタッフAによると公式キャラでは無いらしい、何者?)と窓に写った街並みが面白くてシャッターを切りました。

かなりの近距離ですが、実焦点距離が短いので、開放のままでもちょうど見せたい部分が被写界深度に収まりました。

カメラマンの撮影スタイルにもよりますが、風景やスナップなどでその場の状況を主題にするなら、被写界深度も深めにする事が多いので、必ずしも大口径レンズが必要という訳ではありません。F値を欲張らず機動性を重視して、小型軽量なXF16mm/F2.8 R WRを選択するのも一つの手だと思います。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例4
作例4:f2.8 1/2400 ISO160
広い範囲が写る広角レンズでは、構図をまとめるのに苦労する事もしばしばです。

このカットではビルの形の連なりが面白いと感じてフレーミングしました。

構図を整えるのは大変ですが、16mmの画角がないと撮れない事もしばしばなので、人気の画角となっている事も頷けます。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例5
作例5:f8 1/85 ISO160
広角レンズの魅力の一つは遠近感の誇張です。撮影した場所を実際よりも広く見せる効果は、広角レンズでなければ出来ない表現と言えるでしょう。

遠近感の誇張は焦点距離によって違いますが、24mm(35mm判換算)は十分に誇張されながら自然な描写で使い易いと感じました。

新宿駅前に出来た水たまりが、湖とまでは言えないまでも池のような広さに表現出来たと思います。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例6
作例6:f5.6 1/480 ISO160
広角ズームが16mm(35mm判換算)で始まるのが普通な昨今、24mm(35mm判換算)は超広角と呼ぶには少し物足りない感じもしますが、撮り方によっては超広角らしいデフォルメした表現も可能です。

それは24mmが広角レンズの標準レンズといった意味合いをもっている意味があるのかもしれません。

広角ズームのだいたい中間地点となる焦点距離は、そんなオールラウンドな広角レンズとして扱えるようです。

画質


梅雨時期とあって連日の曇り空、この日も低コントラストな天気で撮影開始時は気分が重くなっていましたが、XF16mm/F2.8 R WRはコントラスト、解像度共に十分で写欲を掻き立ててくれました。

超広角に近い画角の為、開放では周辺部の解像度は多少甘くなります。先ずは開放での周辺の描写を見てみましょう。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例4拡大枠
枠内を拡大
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例4拡大
解像感は申し分ありませんが、少しもやがかかったような眠さがあります。

次にF8まで絞った際の画質を見てみます。
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例7拡大枠
枠内を拡大
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 作例7拡大
ここまで絞ると明らかに画面全体が締まってきます。

開放では眠かった周辺部もシャープに再現されており、FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WRの解像力のピークはF8~F11辺りのようです。

JPEG撮影の為、自動で補正されている各種収差ですが、RAWデータを確認すると歪曲、周辺減光はやや強く発生していました。現代のレンズではデジタル補正が当たり前になっているので、この辺りに目くじらを立てるのもナンセンスな気がしますが、それでもやはり素の状態で良いものを求めてしまうのはカメラ好きの性でしょうか。

まとめ


FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WRは、地味なスペックながら近景から遠景まで安定した描写力で、オートフォーカスも速く、逆光耐性にも優れている、基本性能をしっかり押さえたまじめなレンズだと感じました。基本性能をしっかりと押さえつつ、コンパクトでスタイリッシュなデザインを実現しているところも秀逸です。

35mm判換算24mm相当の画角でこういった性能、仕様のレンズは意外と少なく、貴重な存在と言えるかもしれません。

コンパクトさを活かして日常の記録やスナップ撮影に便利に使える一方、防塵防滴のボディと合わせて雨天時や山でも活躍できるタフなレンズとして、一本あると予想以上に多方面で活躍できるレンズだと思います。

【中古】FUJIFILM(フジフイルム)Xマウントミラーレス用レンズを探す

フジヤカメラでは、FUJIFILM(フジフイルム)Xマウントミラーレス用レンズの中古商品を多数取り揃えております。在庫は日々更新されますのでどうぞこちらからご確認下さい。

» 【中古】FUJIFILM(フジフイルム)Xマウントミラーレス用レンズを探す

イメージ
FUJIFILM(フジフイルム) XF16mm/F2.8 R WR 特集
Photo & Text by フジヤカメラ 田中

おすすめ

Page Top
Page Top