分類

Canon(キヤノン) RF85mm F2 MACRO IS STM
FUJIFILM(富士フイルム) X-S10 実写レビュー

分類

2021.04.12
本日のフジヤ【スタッフ レビュー&ハウツー】,

人気の定番ショットガンマイク SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600 の魅力に迫る

アマチュアでも個人所有出来る価格帯ながら、高いクォリティと耐久性で、プロ、アマ問わず多くのカメラマンから高い支持を得ているショットガンマイクロフォンSENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600 の紹介です。

特に写真から入ったカメラマンはレンズにはこだわってもマイクは・・・という方が多いと思いますが、動画では音のクォリティがとても重要です。

私の動画の師匠も、1本だけ持つならこれだ!と太鼓判を押した超人気マイクロフォンMKE 600の魅力に迫ります。
■この記事の監修

フジヤカメラ店

東京都 中野区のカメラ専門店 フジヤカメラ店です。カメラ、レンズ、三脚、動画機材まで、新品、中古機材を多数取り扱っております。中古在庫は常時3,000点以上!これからカメラを始める方も、ベテラン、プロカメラマンも、機材の事ならフジヤカメラ店にお任せ下さい。

WEBサイトは こちら

SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600

高い指向性


SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600 の最大の特徴は、何と言ってもその指向性の高さです。

最近は、1万円前後と比較的安価なオンカメラの指向性マイクが多く発売されていますが、MKE 600の指向性の高さはそんな価格帯のマイクとは一線を画すプロ仕様の優秀さを持っています。

しっかりと狙った音が拾える=不要な音をカット出来るMKE 600は、例えば都会の雑踏など、多くの環境音が交じり合うシチュエーションでも、必要な音を確実にピックアップして録音する事が可能です。

話し手の声などが的確にピックアップされた見やすい映像作品を作りたいなら、高性能なショットガンマイクは必須と言えるかもしれません。

ハイレベルな音質


SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
プロの世界でも高音質な事で多くの支持を集めるSENNHEISER(ゼンハイザー)。 MKE 600 の音質は、放送や映画の分野でスタンダードとなっている同社の高級ショットガンマイクMKH 416のサウンドをモデルとしています。

高い指向性とプロクラスのハイレベルな音質を持っている事は、映像の質を大きく高めてくれるでしょう。

さらに、価格は10万円を軽く超えるMKH 416の1/3程度なので、非常にコストパフォーマンスが高いマイクだと言えます。

2種類の電源が使用出来る


SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
MKE 600の電源は、ファンタム電源または単三電池1本の2種類から選べるのも、オンカメラマイクとしての利便性を高めています。カメラに乗せて使う際、多くの場合電源は単三電池を使うと思いますが、ここで注意点が一つあります。

電池駆動で電源をオンにすると一瞬だけバッテリーランプが点灯しますが、気を付けて確認していないと見落としてしまう可能性が高いのです。

音が来ていれば電源入っている事は確認できますが、怖いのはその後で、バッテリーランプが消えている事から、電源がオフになっていると思いスイッチを切るのを忘れてしまいがちなのです。次に使おうと思ったら電池切れ・・・といった事にならないよう、くれぐれもご注意下さい!

少ないホワイトノイズ


SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600 には、別売でデジタル一眼レフに接続するためのアダプターケーブルKA 600が用意されいます。

これによりマイクのXLR端子をカメラの3.5mm音声入力端子に変換する事ができるようになり、ミラーレス一眼などのデジタルカメラに接続する事が可能となります。

安価なオンカメラマイクでよくある、電源のいらないプラグインパワーのマイク接続の欠点は、ホワイトノイズ(無音の状態でもサーと聞こえるノイズ)がのりやすい事ですが、MKE 600 + KA 600ならノイズを抑えたクリアな音で録音する事が出来ます。
SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
SENNHEISER(ゼンハイザー) KA 600

ショックマウント/風防


SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600 は、カメラシュー取付のショックマウント(MZS 600)が付属品として付いて来ます。

見た目はシンプルですが、高品質なラバークッションを採用していて、カメラから伝わるノイズを大幅に低減してくれます。見た目に反して意外と優秀なのです。

同じく付属品としてフォームウィンドスクリーンが付いて来ますが、風のある屋外での使用なら、別売でさらに風防性能を高めることが出来る毛風防(MZH 600)も用意されています。マイクが大きく少し仰々しくなってしまうのが難点ですが、効果の大きい道具なので、屋外撮影が前提なら用意しておく事をおすすめします。

注意点


SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600
無敵に近いように見えるSENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600ですが、購入に際して幾つか考慮しておくべき事があります。それはMKE 600がショットガンマイクだという事です。

ショットガンマイクである以上、ある程度の長さがありますので、撮りつけた際のカメラの取り回しや、マイクが写り込まないよう使うレンズの画角などにはある程度注意が必要です。

又、コンパクトなミラーレス一眼カメラなどへの装着は、ケージやリグを組むなどしない限り、デザインや大きさのバランスが悪くなるケースもありますから、注意しましょう。

まとめ


色々と迷ったり試行錯誤するくらいなら、ちょっと奮発してでも買うべき、高品質でコスパの高いショットガンマイクです。SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600を導入する事により一瞬で音のお悩みは解消しますので、空いた時間で他の問題をじっくりと悩みましょう。

動画は音の質が変わるだけで格段にクオリティが上がりますし、見やすくなると言われているので、Youtubeなどへ声の入った動画をUPする方はメリットも多く検討する価値があると思います。

定番と言われるだけある、導入してきっと後悔しない優秀なマイクロフォンだと思います。
SENNHEISER(ゼンハイザー) MKE 600 特集
Photo & Text by フジヤカメラ 北原・鈴木
Page Top
Page Top