分類

Panasonic S5
動物園・望遠レンズ

分類

2018.05.18
本日のフジヤ【スタッフ レビュー&ハウツー】,

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)実写レビュー

本日(2018.5.18)、韓国のレンズメーカー「SAMYANG」より、高品質なラインナップ「XPシリーズ」の標準レンズ「XP50mm F1.2」が発売になりました。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー レンズ写真①

 

SAMYANGの高性能なシリーズが「XP」です。今回「XP50mm F1.2」が、XPシリーズの3本目のレンズとして登場しました。

 

マウントはCanon EFマウントで、マニュアルフォーカス専用です。電気接点を持ち、フォーカス以外はカメラとの連動が可能ですが、カメラ内レンズ補正が可能かどうかは確認出来ませんでした。

 

実写レビュー

Canonの高画素カメラ、EOS5D Ⅳでテストしました。折角のF1.2ですので、全て開放での撮影です。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真①
Canon EOS5D MarkⅣ 1/1000 f1.2 ISO100 露出補正±0

 

XP50mm F1.2はマニュアルフォーカス専用のレンズです。開放F値、f1.2という事で、ピントはかなり難しいく、特に近接側は私のような老眼では、光学ファインダーでのピント合わせはちょっと無理ですね(笑)。

 

上の写真は、若者が撮ってくれました。光学ファインダーだけで、奇跡的にピントが合っています!ボケもとても素直で綺麗です。開放F1.2ですが、周辺光量落ちもほぼありません。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真①拡大

 

上の写真の拡大イメージですが、素晴らしくシャープで立体感もあり、申し分ありません。さすがf1.2ピントが非常に薄く、アウトフォーカスへのピントのにじみ方も綺麗です。

 

誰だ!性能についていいイメージが悪い、とか言ったやつは!(笑)

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真②
Canon EOS5D MarkⅣ 1/80 f1.2 ISO100 露出補正±0

 

大きなボケを使って、被写体を浮き立たせる撮影が楽しいレンズです。

 

マニュアルフォーカスの為、AFよりボケの位置や大きさを意識して撮れる気がします。ボケた部分から、ピントの合った部分への立ち上がり方も綺麗で、開放での撮影が楽しいです。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真③
Canon EOS5D MarkⅣ 1/4000 f1.2 ISO100 露出補正-0.3

 

ふんわりとしたボケ感は、雰囲気があってかなり好感触です。急激にSAMYANGに対するイメージが好転して来ました。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真③拡大

 

ピント部分はやはり十分にシャープです。MFの楽しさもあり、ちょっと欲しくなって来ました。

 

ピントについて

実は今回のテスト撮影では、ピンボケ(わずかのものも含めて)が凄く多かったです。

 

3,000画素オーバーのカメラと、開放f1.2ですので、注意して撮影しましたが、やはりf1.2は難しい!可能なら、三脚や自立一脚を使い、ライブビューの拡大を使ってピント合わせを慎重に行いたいものです。

 

他メーカーとの比較

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真④
Canon EOS5D MarkⅣ 1/640 f1.2 ISO100 露出補正±0
 

いつもの公園の狛犬で、他メーカーのレンズとの比較をしました。

上の写真はSAMYANG XP50mm F1.2のものです。周辺光量落ちがほとんど無いのは凄いです。背景の林のあたりを見ると、口径食がやや大きく、変な形に出てしまっていますが、周辺光量落ちがほとんどありません。

 

比較に使用したCanon EF50mm f1.2、Zeiss Milvus 50mm f1.4ともに、開放では周辺光量落ちが見られたので、これはなかなか凄いと思います。勿論、比較テストは三脚を使いライブビューの拡大でピントを合わせています。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真④拡大-1

 

他の標準レンズと比較してみました。左からSAMYANG XP50mm F1.2、Canon EF50mm f1.2、Zeiss Milvus 50mm f1.4です。絞りは全て開放で撮影しました(Zeissだけf1.4)。

 

わかりずらいですが、微妙にSAMYANGがシャープに感じます。高性能をうたうラインナップだけあって、他メーカーの高性能レンズと遜色ない性能を有しているようです。これには少しビックリしました。

 

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー 写真④拡大-2

 

口径食とボケの感じを比較しました。左からSAMYANG XP50mm F1.2、Canon EF50mm f1.2、Zeiss Milvus 50mm f1.4です。

 

SAMYANG、Canonは少し変な形に崩れてしまっています。個人的に一番好きなのはZeiss Milvus 50mm f1.4ですが、実は他の2枚と比べて少し暗いのがわかりますでしょうか?周辺光量落ちが一番大きかったのもZeissでした。

 

こういった部分はメーカーの考え方の違いなので、それこそ完璧なレンズは存在しないと思います。撮影者の好みもありますしね。標準レンズは奥が深いです。

 

こういった微妙な違いから、50mmを何本か所有しているカメラマンは多いと思います。

 

まとめ

SAMYANG(サムヤン) XP50mm F1.2 (キヤノンEF用)レビュー レンズ写真②
デザインが某Z社にそっくりなのは・・・

 

SAMYANG XP50mm F1.2 の写りは、価格以上なのは間違いありません。かなり高性能と言っていいと思います。テストカメラは3040万画素のEOS 5D Ⅳですから、トップレベルの一眼レフでも遜色なく使えるレンズだと思います。

 

大きく重いレンズですので、持ち歩くのが大変ですが、価格と性能のバランスを考えると、素晴らしくコスパの高いレンズだと思います。

  Photo & Text by フジヤカメラ 北原

ブランド

おすすめ

Page Top
Page Top