[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
・ 製品情報

パナソニック LUMIX DMC-GM1 ファーストインプレッション

by 岩渕聖史 - フジヤカメラ店

- モニター越しに現れた画像はレンズのパワーがあふれていた -

パナソニック マイクロフォーサーズのレンズでは初の絞り環のついたデザイン。フォーサーズレンズPanasonic LEICA D SUMMILUX 25mmF1.4 を思い出させるデザインとなっている。

金属のピントリングはとても高級な仕上がりだ。

他社のフルサイズ用レンズ85mmF1.4と比べると二周りほど小さく、マイクロフォーサーズの特性を存分に活かされた作りだ。 試しにルミックスGH3に装着してみたがとてもバランスがよく快適な撮影が行なえた。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2

Panasonic GH3+LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic GH3 & LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2

 

- このレンズを一度でも手にしたら、ポートレートを撮らずにはいられない -

このレンズを手にとってポートレートを撮らずにいられるだろうか。僕はまず知り合いに片っ端から連絡を取ってモデルをやってくれる人を探した。

撮影の日は、残念ながら 曇り。

そこであえて開放ギリギリの絞りにセットし、落ち着いたトーンで撮影。背景の柔らかなボケを生み出すと共に、髪の毛の細部をこのレンズは写し出してくれた。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3 F2.0 S1/800 ISO 200

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F2.0 S1/800 ISO 200

 

なんとなく撮った一コマ。
日本映画のワンシーンのような写真にしたかった。

夕暮れの薄暗い中でも開放値F1.2と手ぶれ補正があるので撮影が楽に行なえた。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F1.8  S1/320  ISO 200

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F1.8 S1/320 ISO 200

 

彼はポートレート撮影を手伝ってくれた。せっかくなんでストロボでライティングして撮影。 絞るとシャープさが更に増す。肌のハイライトが鋭く表現された。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 Panasonic LUMIX DMC-GH3
F9.0 S1/160 ISO 400 ストロボ2灯使用

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F9.0 S1/160 ISO 400 ストロボ2灯使用

 

- 夜を意味するNOCTの名を冠したレンズ -

夜を意味するNoctの名を冠しているからには夜景が撮りたいと思い川崎の工場外へ。

画面中央から周辺までシャープに再現され、ゆがみの一つも感じさせない。諧調も豊かでパイプ一本一本の立体感が表現されている。

またナノサーフェスコートの効果もあり、ハイライトのにじみやゴーストも無く、夜景撮影に最適なレンズだ。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 PanasonicLUMIX DMC-GH3

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
PanasonicLUMIX DMC-GH3 F4.0 S8 ISO 200

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
PanasonicLUMIX DMC-GH3
F4.0 S8 ISO 200

 

工場街でストロボを用いたセルフポートレート撮影にも挑戦。
最近のカメラは、Wi-Fiでスマートフォンとリンクさせて、構図を確認しながら撮影を行なえるので便利だ。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F2.0 S1/1.6 ISO 200
ストロボ1灯使用

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F2.0 S1/1.6 ISO 200
ストロボ1灯使用

 

- 高速AFが撮影の幅を広げた -

近所の公園の猫と、自宅の犬を撮影。

被写界深度の浅いレンズで動き回る動物を撮影するのは至難の業。すこしの動きでも、ピントがずれてしまう。しかし、そんな難しい状況でも高速なAFがフォローしてくれる。

撮影の幅も大きく広がるレンズだ。

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 Panasonic LUMIX DMC-GH3 F2.2 S1/160 ISO 400

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F2.2 S1/160 ISO 400

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F2.2 S1/160 ISO 400

- サムネイル画像をクリックすると内部ウインドウで拡大表示します -

Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
Panasonic LUMIX DMC-GH3
F2.2 S1/160 ISO 400

 

と駆け足でご紹介してきたものの、今回の撮影は天候に恵まれず、仕事の合間を縫っての厳しいスケジュールでテストを行なった為、本レンズの魅力はまだまだ伝え切れていない。追加レポートを皆様にお届けできれば幸いである。

iwabuchiAll image credit
岩渕聖史
1980年東京都中野区生まれ。
東京工芸大学写真学科卒業。その後某カメラメーカー勤務。退社後海外を放浪しフジヤカメラのスタッフとなる。

パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.
パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.

[an error occurred while processing this directive]