TOP

・ パナソニックLX100・GM5ファーストインプレッション
浅葉雄太 -フジヤカメラ店-

Panasonic DMC-LX100 Silver body Panasonic DMC-LX100 Black body

11月13日発売のパナソニック新製品2機種を一足早く使用できる機会を得られたので、早速レポートしたい。


DMC-LX100
開放F値の明るさを重視した高性能レンズを組み合わせたLXシリーズのコンセプトはそのままに、一般的なレンズ一体型カメラの標準的な画像センサーのサイズよりもより大きめな、フォーサーズ規格である『4/3型CMOSセンサー』を初めて採用、また、その高画質化に対応して、ライカ銘の入った「DC VARIO-SUMMILUX 10.9-34mm F1.7-2.8」の大口径ズームレンズを搭載。焦点距離は、35mm判換算で24mm-75mm相当となる。

実機を目にしてまず驚いたのは、大型センサーが採用されているとは思えない程の小柄なボディサイズ。野外で一日中それを持ち歩いても、疲れをほとんど感じさせないくらいに、とても軽量なカメラである。

LX100 1/800秒 f4.0 ISO200 24mm(35mm判換算)
LX100 1/800秒 f4.0 ISO200 24mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 5.93MB - 4272 x 2856 px

フォーサーズ規格と同じセンサーであるにもかかわらず、焦点距離の換算値が2倍よりも大きくなっていることに気がついた方もいるかと思うが、これにはいくつか理由がある。 写真の縦横比率(アスペクト比)が異なっていても同じ画角で撮影できる「マルチアスペクト機能」に対応させるためと、これは筆者の推測だが、レンズの小型化と大口径化を両立させるためであると考えられる。

LX100 1/800秒 f4.0 ISO200 24mm(35mm判換算)
LX100 1/200 f5.6 ISO200 28mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 5.57MB - 4272 x 2856 px

これにより有効画素数は約1280万画素となっているが、撮影した写真の画質に全く不満は感じられない。むしろデータ量が軽くなったことによって扱いやすさが増すなどメリットも多い。

LX100 1/400 f2.8 ISO200 -0.3補正 65mm(35mm判換算)
LX100 1/400 f2.8 ISO200 -0.3補正 65mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 6.05MB - 4272 x 2856 px

大きなセンサーを採用した機種だと、最短撮影距離がやや長めでマクロ域の撮影が思い通りにいかないことがあるが、LX100は最短で3cm、ズームを伸ばした状態でも30cmまで寄れる。 マクロ域から遠景まで多くの場面に対応できて、普段使いのカメラとしても最適である。

LX100 1/640 f5.6 ISO200 75mm(35mm判換算)クリエイティブコントロール「クロスプロセス」
LX100 1/640 f5.6 ISO200 75mm(35mm判換算) クリエイティブコントロール「クロスプロセス」
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 6.33MB - 4272 x 2856 px

LX100 1/80 f2.3 ISO800 露出補正-0.7 34mm
LX100 1/80 f2.3 ISO800 露出補正-0.7 34mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 6.41MB - 4272 x 2856 px

LX100 1/125 f2.2 ISO200 28mm
LX100 1/125 f2.2 ISO200 28mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 5.2MB - 4272 x 2856 px

本体に従来のようなモードダイヤルは無く、軍艦部のシャッターダイヤルとレンズ側の絞りリングで露出設定を行う。シャッターと絞りを共に 「A」ポジションにしてプログラムAE、どちらかだけ動かしてシャッター/絞り優先AE、両方共動かしてマニュアルモードと、クラシックカメラのような操作体系となっている。

個人的に好印象なのは絞りリングの操作感。「A」ポジションとF1.7の間のクリックが従来製品よりもわずかだが重くなっており、操作性が向上した。

LX100 1/5 f4.0 ISO2000 31mm
LX100 1/5 f4.0 ISO2000 31mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 4.55MB - 4272 x 2856 px

手ぶれ補正は、LUMIX Gシリーズ用交換レンズでも採用され、強力な効きで定評ある「POWER O.I.S.」方式。明るいレンズ、高感度設定と組み合わせることで手持ちでも十分撮影できた。 また、AFはDMC-GH4と同じ「空間認識AF」を採用。非常に高速な合焦スピードと、高いピント精度を両立しており、暗所でもそれほどAFスピードの低下は感じられなかった。

内蔵ファインダーはDMC-GX7(以下GX7)と同等の約276万ドット。色合いは自然でとても見やすい。液晶モニターとの色味の差が従来よりも少なく、目で見たものと撮影したものとの差がかなり縮まったように感じられた。

ボディ単体で4K動画の撮影・記録に対応しているのも特徴の一つ。撮影した高画質ムービーから決定的な ”ベストモーメント” を約800万画素の写真として切り出せる 「4Kフォト」機能も使える。A4サイズのプリントにも十分耐えられ、さらに多少のトリミングをしても用途によってはまだまだ実用範囲内。新しい写真表現の手法としてとても興味深い機能 であると思う。


DMC-GM5
昨年発売された、レンズ交換式でありながら驚異的なボディサイズを実現したDMC-GM1(以下GM1)のバリエーションモデルとして「DMC-GM5」(以下GM5)が登場した。

GM1ユーザーから要望の多かった内蔵ファインダーを搭載しながら、本体サイズは高さと幅がわずか数mm増えた程度に抑えられている。

Panasonic DMC-GM5 Black bodyPanasonic DMC-GM5 Red body Panasonic DMC-GM5 Green body

ファインダーの見えの良さはGX7やLX100に一歩譲るものの、実用面では必要十分。アイセンサー付きなので煩わしいボタンでの切り替えをせずに、覗くだけでファインダーを使用できる。(※ボタン割り当てによる手動切り替えも可能)

GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/60 f5.2 ISO200 50mm
GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/60 f5.2 ISO200 50mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 8.07MB - 4592 x 3064 px

GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/125 f5.8 ISO200 64mm
GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/125 f5.8 ISO200 64mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 6.10MB - 4592 x 3064 px

画質面はGM1や、ベースになったGX7からほぼ変わっていない。それだけ元々の完成度が高いということだろう。

GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/250 f5.6 ISO500 32mm
GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/250 f5.6 ISO500 32mm(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 6.84MB - 4592 x 3064 px

GM1にあった背面のコントロールダイヤルが無くなり、代わりにボタン機能も兼ねた後ダイヤルが新設されて操作性が向上した。 絞りやシャッター速度などの設定を頻繁に変えるような使い方が多いユーザーには嬉しい改良点だろう。

GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/125 f6.3 ISO200 50mm クリエイティブコントロール「ラフモノクローム」
GM5+G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 1/125 f6.3 ISO200 50mm クリエイティブコントロール「ラフモノクローム」(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 7.97MB - 4592 x 3064 px

フィルター効果を加えて様々な表現が楽しめる「クリエイティブコントロール」は引き続き搭載。従来はフィルター効果の強弱や色味の設定以外はオート固定だったが、今回から撮影モードの種類に関わらず使用できるようになった。「背景を大きくぼかす」「素早い動きを止める」といった絞りやシャッタースピードで得られる効果と組合わせることにより、表現の幅が大きく広がった。ちなみに、前述のLX100でも同じように使用できる。

GM5+DG SUMMILUX25mm F1.4 1/25 f3.5 ISO3200
GM5+DG SUMMILUX25mm F1.4 1/25 f3.5 ISO3200(35mm判換算)
オリジナルサイズの画像をダウンロードする 4.47MB - 4592 x 3064 px

発表以来、店頭では「どちらの方がいいの?」というお問い合わせをよく頂く。 大型センサー・大口径ズームを搭載し、本体の質感や操作系にもこだわったLX100。 驚異的な大きさを実現しながら、ファインダーを覗いての撮影やレンズ交換で様々な表現を楽しめるGM5。 改めて特徴を並べてみると、大きく性格の異なるカメラであることがお分かり頂けるだろう。 購入を迷われている方はぜひとも一度店頭で手に取って、これらの機能を試した上で最適な1台を見つけられればと思う。

asaba

撮影著者:フジヤカメラ店 浅葉雄太

1988年神奈川県生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。撮影ジャンルはスナップ、鉄道、ライブなど。

当Webサイトをご利用のお客様は、ご利用案内個人情報保護方針 にご同意いただいたものとみなされます。
ご注意 Internet Explorerバージョン1〜9は動作サポート対象外のブラウザーです。Internet Explorer 10/11 に非対応のWindows OSをご使用の場合は、ChromeFirefoxSleipnirLunascape 等のブラウザーをご利用ください。
ご注意 当社が運営するオンラインショップからロゴや会社概要などの情報を無断で使用し、詐欺行為を行っている偽サイトが確認されています。当社はドメインに「.com」「.org」等を使用したサイトの運営を行っておりません。偽サイトには当社名や関連会社名などの引用等がありますが、当社とは全く関係がございません。
Copyright © 2016 Fujiya Camera Shop All Rights Reserved.
タッチしてメニューをスライドアウトします→